お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白班でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

vitixは本当に効くの?

2008年02月06日

vitixは本当に効くの?

私の答えは「NO」です。
理由は、白斑の原因の一つは、白斑の人の表皮内の酵素カタラーゼが減少していて、その結果、表皮内にH2O2(過酸素水素)が蓄積し、H2O2がメラニン細胞を壊すことにあります。
治療には、そのH2O2の除去が必要です。H2O2と白斑について、世界で一番よく精通しているSchallreuter Karin博士はvitixの使用前後でH2O2を調べたら変化が無かった。つまり、vitixにはカタラーゼ活性がないと断言しています。
また念のため、博士は6名の白斑患者にvitixの会社の使用マニュアル(1~3ヶ月使用したら色素再生が起る)通り、4ヶ月行ったが、何の変化も見られなかった。一方、Schallreuter博士が作ったカタラーゼ活性を持つ物質を使用すると4ヶ月で有効性を得たと述べています。
この様に医学的根拠、臨床知見からvitixは無効であると述べています。(Int J Dermatol) 私は、尊敬するSchallreuter博士が、この論文を出したので、それを信じて、vitixを使って臨床効果を試みていませんが、やんわり、この以前のブログで効かないと書きました。
ただSchallreuter博士が、他の論文(Clin,Exp Dermatol)で「教育された皮膚科医は不要な失望を与えないように治療をガイドするべきだ」と書いていましたので、大きな希望を持ってvitixを使用されている患者さんもいらっしゃるので、”医学的根拠はないが、効いた人もいる”位の気持ちで使用してくださいと、アドバイスの意味で書きました。私のお勧めするのは、死海の塩水です。医学的根拠(死海の塩水はカタラーゼ活性がある)もあり、臨床効果も(100例以上経験があり、今月10日東京支部総会でも「私の死海光療法(ドーム光療法)」で発表します。)良好です。
ただ、塩水と光線療法は併用しないとあまり意味がありません。
cpiblog01272 at 11:41|この記事のURL
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード