お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白班でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

よくある質問集

2007年11月14日

日本白斑センターの近い将来

sinjyuku

この前まで暑かったのに急に涼しくなりました。相変わらず患者さんをお待たせしてごめんなさい。患者さんが折角来院して下さっても、忙しくて私を含めスタッフが、カリカリしていて笑顔を忘れていました。これではリラクゼーション出来ないという患者さんからの指摘を受け、その通りだと思い、スタッフと共に反省し、記しました。「では、今何が出来るんだ?」と色々話し合い、改善できるように進めています。
上のタイトルのように近い将来を考えると、

,海離札鵐拭爾設立してまだ一年半しか経っていないが、今より便利で、よりスペースが広い所に移転したら良いのではないかという考えが浮かんできます(新宿駅付近)。

医学的観点からやはりドーム光療法が白斑、乾癬には効いています。白斑について言えば、色素再生を早め、進行している例には進行を止める作用を持っています。現在の地下から1Fの診察室までの時間、労力はもったいなく、この療法後さらに待たせるのは、私として心苦しいのです。ドーム後、すぐに弱い光線でも良いので早く全身に照射したいのです。きっとこの療法を充実させますので、もうしばらく待ってください。このドーム療法は、乾癬・アトピー性皮膚炎にも効くので、それらの患者さんも利用してください。

さらに最近、光線療法を考えての移植を行っていて、受けた白斑の患者さんが50例をこえました。この療法は大きな白斑には時間がかかるが、キズ(ハンコン)がほとんど生じず、手術時間が10分で済むという利点があります。着実な、そして効果的な療法といえます。今現在、外来診察室で行っていますが、手術室が新たに必要だと考えています。

日本白斑センターを育てるためには、私なりに努力しますが、皆さんも考えて意見、アドバイス下さいませ。一緒に育てて行きましょう。
cpiblog01272 at 10:01|この記事のURL

2005年08月17日

Q:費用はどのくらいかかりますか?

A:当診療所での皮膚科光線療法は主に保険診療で行っています。
cpiblog01272 at 10:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

Q:皮膚科光線療法の副作用が心配です。

A:皮膚科光線療法(エキシマライト療法、ナローバンドUVB)は紫外線照射ですので、やけどをする可能性があります。ただ当診療所では、やけどのような副作用を抑えるため、また効率的な治療を行うために皮膚科光線療法開始の前段階で光線テストを行います。
これは患者さん一人ひとりに適した照射量を測定する検査で、これにより副作用を最低限に抑えられ、安心して治療に入ることができます。(我々もそれを強調するため学会において詳細を発表しました)
また皮膚癌についても、極めて発癌率が低いという結果、報告があります。
cpiblog01272 at 10:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

Q:皮膚科光線療法が有効な皮膚疾患は何ですか?

A:皮膚科光線療法(エキシマライト療法、ナローバンドUVB)はさまざまな皮膚病に有効です。なかでも慢性・難治性皮膚病といわれる乾癬、白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、類乾癬、扁平苔癬・・・などが挙げられます。
特に難治性で、有効性、副作用を重視される患者さんはエキシマライト療法を勧めています。
白斑、乾癬、掌蹠膿疱症、扁平苔癬に皮膚科光線療法を行い、有効性を認めたことについては、学会でも発表し、論文も出しています。

cpiblog01272 at 10:45|この記事のURLComments(2)TrackBack(1)

Q:皮膚科光線療法とはどのような場合に行うのでしょうか?

A:当診療所での皮膚科光線療法(エキシマライト療法、ナローバンドUVB)は、乾癬・尋常性白斑など慢性で難治性の皮膚病が中心です。外用や内服のみの治療では効果が得られない場合に選択する治療法の一つですが、この三つの治療を併用することも大切だと思われます。
cpiblog01272 at 10:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード