お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2006年05月30日

中日新聞・東京新聞の記事(2)

5/26kiji
5月26日(金) 「図解 診る・治す」の特集に白斑光線療法の記事が掲載されました。

俗に「白なまず」と呼ばれる尋常性白斑は、皮膚の一部の色素が抜け、白くなる後天性の病気だ。患部は、顔や首、手足、腹などさまざまで、痛みやかゆさはないが、他人からの視線に悩む人が多い。白くなるのは、色素を作るメラニン細胞が皮膚から失われたり、休眠状態になったりするため。その原因はわかっていないが、傷ややけどなど皮膚への刺激がきっかけで、免疫機能に狂いが生じ、メラニン細胞を攻撃するようになる自己免疫疾患説が有力という。治療が非常に難しいとされていたが、最近は紫外線を照射する光線療法が進歩し、治癒率は高まっている。

図のように、〇膤粟が表皮を刺激し酵素が発生酵素が体毛の根元などで休眠しているメラニン細胞を活性化メラニン細胞が増殖し、細胞の一部が表皮にまで達し、色素を再生するーの段階を経て、皮膚に色が付くと考えられている。

三重県東員町のネオポリス診療所は、光線療法の中でも最新式の「ターゲット光療法」ができる照射器を導入している。紫外線の波長が三○八ナノメートルと一定なのが特徴。光の波長がわずかにぶれる従来の機器より、皮膚に効率よく色素の再生を働きかけることができる。これまでの治療で効果のなかった患者約五十人に、この機器で治療を試みたところ、約三ヶ月で八割に何らかの効果が表れたという。榎並寿男院長は「白斑は治らない病気とあきらめず、専門の医師に一度、相談を」と呼びかける。

しかし、ターゲット光療法は緒に就いたばかりで、受けられる医療機関はごく一部に限られる。保険がきかず、ネオポリス診療所でも一回の治療に約千円かかる。週一、二回のペースで三〜六ヶ月間の通院が必要。より一般的なのが、波長にわずかながら幅のある紫外線を使う「ナローバンド療法」。それでも、三分の二で効果が認められるなど、以前に主流だった治療法に比べて効果ははるかに高く、副作用で皮膚がんになるリスクも小さくなった。ターゲット療法より広い患部の治療に適している。保険も適用でき、より気軽に治療できる。三割負担なら自己負担額は一回四百五十円だ。
cpiblog01272 at 12:41│Comments(0)TrackBack(1)TOPICS&NEWS 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 紫外線殺菌棒  [ 紫外線でお手軽♪殺菌棒 ]   2006年10月24日 03:32
いつでもどこでも、お手軽に殺菌が出来ちゃう。新開発の紫外線殺菌棒!先行販売!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード