お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2006年04月17日

第806回 日本皮膚科学会東京地方会にて

ichigaya

4月15日(土)市ヶ谷皮フ科・日本白斑センターがオープンしました。午前診察して、午後から中央区”茅場町”で行われた日本皮膚科学会東京地方会に出席し、発表しました。タイトルは「308エキシマライト(メル)療法が有効であった手背白斑4例」でした。ナローバンド療法が無効であった手背白斑4例にメル療法を行い、有効性を得ました。1例に良好な色素再生(もとあった白斑に50%以上の色素斑が出現した)、2例に中等度の色素再生(50〜25%)、1例に不十分な色素再生(25%〜0%)が起り、色素再生のパターンは1例が毛包周囲性色素再生で、残り3例は混合の色素再生(毛包周囲性、び慢性、辺縁の色素再生がミックスしたもの)が起りました。また、このメル療法の安全性、発癌についても発表し、ナローバンド療法と同等度か、ターゲット光療法なのでもう少し安全だと考えるが、UVBは表皮細胞にDNA障害を起こすことは事実なので、いくら安全な療法とはいえ、長い間注意、経過観察しながら治療をしていくと述べました。以上が発表した内容です。
この会場は空いている席がなく、後の方で立っている先生方もかなり見られ、平素の皮膚科の先生方の熱心さがうかがえます。先生方もせっかく土曜の午後勉強しに来られているので、もう少し広い、机のある会場を望みます。ここ東京地区では市ヶ谷皮フ科で午前中診察しましたが、珍しいタイプの白斑を診ました。またいつかの機会に学会発表したいと考えています。もう白斑100例以上診ましたが、いつになっても勉強させられますねぇ。珍しい難しい白斑も治すぞー!!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード