お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2006年02月04日

1月21日(日)東京地方会にて

1月21日新日本橋の興和ホールで開かれた東京地方会で「ナローバンドUVB無効、308エキシマライト療法が有効であった白斑2例」について白斑先生が発表しました。皮膚科光線療法のうち、308エキシマライト(メル)療法は、元来ターゲット光療法なので限局型の白斑に有効とされていました。しかし、今回ナローバンドUVBで無効な汎発型白斑2例に対して皮膚科光線療法のうちメル療法を行うと、色素再生が白斑部内に50%以上起った。だからこのメル療法を上手に工夫すると、限局型だけでなく汎発型白斑にも応用できるので、他の皮膚科光線療法で有効性に乏しい白斑にはメル療法を試みても良いという内容です。
なぜナローバンドUVBが効かなく、エキシマ(メル)療法が効くのか?この療法の作用機序は?治療のレジメン(方針、方法)は?照射量は?など、外では当日は雪が降って寒い中、厳しい質問や活発な討論が熱くなされました。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード