お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2017年06月

2017年06月09日

電動マシーンによるミニグラフト(mMG)についてとキャンペーンのお知らせ

電動マシーンによるミニグラフト(mMG)について
当クリニックでは、白斑の治療法として非外科的療法(光線治療)と外科的治療法(ミニグラフト移植)を行っています。ここでは、ミニグラフト(mMG)移植についてお話しします。
プロトコール(9MG)2
mMGとは白斑部にマシーンを使って、直径0.6弌1.3个旅Δ鬚△韻泙后その後、同じ大きさの正常皮膚(頭又は背中、頭皮は色素再生に一番活性のある部位であり、傷も残しません)から採取した皮膚を、孔をあけた白斑部に埋め込み移植する手術です。光線療法で結果が思わしくない方、早く治したい方、また白斑の面積が大きい方でもマシーンを使っているので250〜300個移植出来て、手術時間も約2時間位と短時間で移植出来ます。この方法は日本でも(世界でも)当クリニックだけ行っていて、種々の工夫で有効性を高めています。是非トライして下さい。
ミニグラフト(mMG)による症例
ホームページ写真
ホームページ写真2
ホームページ写真3

キャンペーンのお知らせ
キャンペーン

cpiblog01272 at 17:45|この記事のURL

2017年06月06日

日本皮膚科学会総会に発表

6月3日(土)仙台国際センターにて日本皮膚科学会総会があり発表してきました。白斑に関して講演がありましたが、基礎的な面でも方向性が誤っていると思います。さらに臨床的な面の講演ではかなり我々とは遅れていました。白斑治療ができる臨床家は少なく、基礎のドクターに圧倒されていました。でも安心して下さい。東京には新宿皮フ科白斑センターがあり、現在の日本の白斑患者の半数以上をそこで診察して治療効果を出しています。白斑患者さんに合った満足度の高い治療をしているからです。白斑の患者さんはやはり早く綺麗に治すことを一番に考えています。
学会に行くたびに自分のクリニックが結構満足のある治療を行っていて安心しながら、もっとさらに満足度の増やすように努力すべきだと感じています。来年2月に新宿東口駅前のビルにクリニック移転します。それまで今の場所で頑張りますので、よろしくお願い致します。

cpiblog01272 at 19:18|この記事のURL
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード