お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2014年08月

2014年08月13日

mMG350個!

当クリニックではお盆休み中も下記時間で診察しております。

8月13日(水)  
   14日(木)
   15日(金)

括弧
午前 10:30〜13:00
午後 14:30〜17:00

8月に入って顔から頚にかけての白斑にmMG(マシーンによるミニグラフト)を一度に350個行いました。患者さんも大変でご苦労さんでした。きっとうまくいったと思います。
ドナーの部位は頭皮でメラノサイトの数も多く、毛が有り出血も多いがテクニックさえ会得すればうまくいきます。実際背部からの皮フと、頭部からと同一の白斑部位(腹部)に移植を行い倍近く頭部からの方が出て、背部からの移植はあまり出なかった例があり、最近では頭部からの正常皮フを白斑部へ移植しています。

cpiblog01272 at 12:02|この記事のURL

2014年08月01日

化粧品白斑にもLS、mMGが有効!

暑い8月に突入しました。
私、今日誕生日です。そのせいか暑い夏が好きです。
近頃の話題(朗報)では、レーザー・超音波・メル(LS)療法が上げられています。表皮にレーザーで孔を空け、それにFFCを塗付し、超音波でプレスして、そうした状態で308nmの光線を照射する方法です。
FFCとは塩化第2、第3鉄の溶解液です。FFCにより人の皮フのメラノサイトおよびケラチノサイト(角化細胞)が増殖分化します。
先月は100名以上の白斑の方がこのLS療法をトライして下さり効果を上げました。経過は良好です。
さらなる朗報として難治性の化粧品によって生じた白斑の治療にも適応しました。当クリニックでは一年前より化粧品による白斑にもFFCが効き、それと光線療法併用で治して来ました。初から当クリニックへ来院された方は70〜80%完治しました。最近になって他院からの紹介やインターネットでやっと当院にたどりついた方はもうメラノサイトが死んだ状態の方が多いので治すのは大変でしょうが、当クリニックではLS療法、mMG(マシーンによるミニグラフト)が充実しているので、完治すると考えています。
白斑で改善傾向が乏しい方、他のクリニックで積極的に治療してもらっていない方はぜひ光線療法→LS療法→mMG療法を受けてみて「結構治るんだァ」という実感を味わって下さい。
いつでもお待ちしています。

そうした事情もあり、今年はお盆休みも返上で頑張る予定です。お盆は休みませんが、少し時間の変更がありますので注意して来院して下さい。


光線療法で効果が乏しく、mMG+光線療法を行った化粧品による白斑患者さんの写真です。

 ↓ 治療前
IMG_9561-2 ↓ mMG+光線療法
IMG_2378
cpiblog01272 at 16:48|この記事のURL
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード