お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2012年05月

2012年05月05日

新宿皮フ科(博多院)オープン予定

BlogPaint6月~7月にオープン予定です。場所は博多駅筑紫口から2分の所で、福さ屋ビル3Fです。ここでは’鯣辰慮線治療、白斑等皮膚移植(マシーンを使った移植器具設置)、0虧咫⊃¬咫蔽棒型脱毛、女性の脱毛)等、アンチエイジング、ご敢挧治療を考えています。に関しては大学病院が強くバックアップしてもらえます。これらを少しずつ充実させる予定です。宜しくお願いします。
 今、取り組んでいるマシーンを使ったM移植の報告ですが、すでに15例行いました。150個以上グラフトした患者さんもいらっしゃいます。施術時間は短縮され、出血も少なく、生着率(移植した正常皮膚が白斑部にくっつく割合)は、ほぼ100%近くで手動よりかなり高くなっています。くっついた皮膚の盛り上がりは、ほとんどありません。もちろん採取した後のキズもほとんど残りません。全てOKですが切片が小さい(0.8弌砲里如⊃Я悩得犬少し遅く感じられるます。当然と言えば当然の事です。人は完全を望むものですね。何年か前から言っているように、照射前正常皮膚にどれ位の量を照射してからその切片を移植したら最適なのか?また移植し生着した白斑部にどれ位の量のメルを照射するのか?(至適照射量はどれ位なのか?)移植したメラノサイトをいかに早く成長させるか?これからの課題です。その事はもちろんどの文献にも書いていないし、他のドクターも気付いていないはずです。M移植の症例はどんどん増えているので、そのまとめが追いつきません。少しずつでもそれを整理して行こうと思っています。

ブログ比較
cpiblog01272 at 13:47|この記事のURL
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード