お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2011年10月

2011年10月13日

八重洲通美容・皮フ科クリニックのご案内

八重洲地図3


日増しに涼しい季節になりましたね。皆さん原発にも負けず頑張っていますか。当クリニックでは、涼しくなったせいか最近、移植(MT・MG)が増えています。移植という言葉を聞くと「そこまでは」と考えている方々もいらっしゃると思いますが、白斑部の表皮にはメラノサイト(色素細胞)の働きが悪いのではなく、メラノサイト自体が存在しません。白斑部に自分のメラノサイトを補ってあげ、それから色素再生を起こす、起こしやすくする為、移植を行います。MTは5分、MGは30分で出来ますのであまり深く考えず、白斑の治りの悪い方、(光線療法だけでは効果の薄い方)早く治したい方、トライしてみようと考えて下さい。「金額が高いのではないか」と考えてるいる方々に健康保険ではない、入院・障害保険等に加入されている方では、それを適用しほぼ全額払わずに済んでいる患者さんが多数いらっしゃいますので、それを適用し移植を受けてみて下さい。保険についてご不明な場合は受付へお申し出下さい。また、主として東京23区東方面の患者さん、また遠方からいらっしゃる都外の患者さんのために、東京駅(八重洲)3分の所に八重洲通美容・皮フ科を近々開院する運びとなりました。近くて便利な場所というとやはり東京駅かと思います。東京八重洲口から徒歩3分、東京駅からもクリニックの存在が確認出来る八重洲通沿い、八重洲地下街22番出口の上です。クリニックは便利であること、明るいムード、夢が持てる場所、ゆったりとしたスペース、近々幹細胞も出来る事、なるべく通院中に太陽光線に当たらずにたどりつける場所(太陽光線は白斑の増悪因子と考えている)等を考慮して決めました。八重洲通皮フ科は現在建設中です。死海(ドーム)光療法は行いませんが、幹細胞の治療が出来るスペースを取りました。八重洲方面へいらっしゃる方はお気軽に立ち寄って下さい。八重洲地下街22番出口の上に設立予定です。
cpiblog01272 at 11:56|この記事のURL
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード