お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2010年12月

2010年12月16日

メラノサイト移植(MT)現時点での結果

101004Before

BlogPaintAfter
(2ヶ月後)



写真)
MTにより色素再生が起こった(矢印→)難治性尋常性白斑の患者さん

自己メラノサイト注入後、現在までの結果を報告します。
注入を受けた多くの白斑の方に有効性が見られます。今までの移植と異なって注入の翌日からほぼ前の白斑に戻り2ヶ月変化が現れないのです。2ヶ月位すると明らかに白斑部に色素班が出現するか、周辺から色素再生が起こり白斑は縮まっています。ただ注入2ヶ月経過した方が少ないので、パーセントまでは言えませんが、かなり多くの人が有効であると言えます。これからさらに詳しいデータが整いますので、しばらく待って下さい。何事も最初に行う(実際には私のMTに似たような方法を取られた先生方もいらっしゃるかも知れませんが、詳しい説明が文献に記されていないし、少し方法が違うので最初と記しました)という事は大変で、協力して下さった患者さんに感謝致します。それだけ皆さんは治したいということを意味するので私も心を引き締めて頑張ります。来年はMTと幹細胞の年と考えています。幹細胞については近々述べます。
cpiblog01272 at 11:51|この記事のURL
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード