お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2010年02月

2010年02月22日

白斑患者さんからの一通の手紙

図1




先日、名古屋の患者さんからはげましの手紙をもらい嬉しかったので書きます。
「先日、白斑に関する番組で白斑センターの資料がテレビに出ていましたね。マイケル・ジャクソンをきっかけに先生のおかげで“白斑”という病気が一般にもかなり知られるようになったと思います。白斑治療を得意とする病気で治療をくり返し先生で五件目ですが実際に効果が出たのは先生の治療が初めてです。先生の評判がとても良かったので先生の治療を受ける事にしましたが正解だったと思います。先生がもっとマスコミ等に(雑誌にあるような病院広告でもいいので)出て下さると、もっともっと一般の人に病気の理解が深まるだろうなと思います。来週は確か、先生のお母様の命日だったでしょうか?お墓参りなどされました時には、ぜひ“先生を産んで下さって、そして立派なお医者様に育てて下さってありがとうございます。先生が白斑治療の研究をして下さり、白斑専門の病院をつくって下さったからこそ全国の白斑患者は希望を失わず治療できます。先生のお母様にも感謝致します。”と患者が言っていたとお伝え下さい。それではこれからも治療が続きますのでよろしくお願い致します。 平成22年2月17日 T・I」
この文を読んで私自身もっともっと頑張らないとダメと思いました。2月20日(土)日本皮膚科学会東京支部総会が京王プラザで開催され、出席して質問し勉強して来ました。21日(日)2時まで新宿皮フ科で診察し22日(月)は母の命日なので患者さんの言われた通りお墓参りしました。もらった手紙のコピーをお墓の前に置いて両親に有難うの言葉を述べて来ました、今日(2月22日)ブログをつづっています。
母の命を縮めたのは私でなぜ東京進出を決めたのか?なぜ白斑を選んだのか?と自分の心に問いかけて自分を責めたときはあったのですが、T・Iさんを始めとして多くの患者さんに会えて今では非常に良かったと思い後悔していません。
これが自分に与えられた仕事だと考え続けますのでよろしくお願い致します。

cpiblog01272 at 17:01|この記事のURLTOPICS&NEWS 

2010年02月09日

新設サインボード

図2
←カワセビルに新設のサインボード(当クリニックは3Fにあります)


新宿まで来られて、探したが分りにくかった(ビルの3Fなので)との患者さんからの申し入れがあり、当ビルの2Fのショールームに新宿皮フ科・光線療法のサインボードを作りました。通りからも見えて新患の方には見つけ易いと思います。

cpiblog01272 at 09:14|この記事のURLTOPICS&NEWS 

2010年02月02日

プラチナH−N療法

西口



←JR新宿駅西口

正月に入ったと思うともう2月。早いですねぇ。
前回述べましたプラチナを使うプラチナーHN療法を考え出しました。ナノメータープラチナ粒子をスチームにしたものはH2O2による酸化作用を改善し、白斑の進行を止め皮フに深く入り込み抗酸化作用を十分に発揮します。
ただ白斑の皮フに入ったものを活性化させ、効率よくするためにはHe−Ne(ヘリウム・ネオン)というレーザーが必要と考えました。特に難治性で、分節型のタイプの白斑・進行性の白斑は試してみる価値は大いにあると考えます。
当クリニックの土日は忙しいので月〜金曜日の午前・午後行っています。一度トライして下さい。

cpiblog01272 at 09:45|この記事のURLTOPICS&NEWS 
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード