お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2009年03月

2009年03月13日

白斑ローションについて

当クリニックで使っている白斑ローションが再び科学論文に掲載されました(J Health Sci 2009)。
 2007年に同じ雑誌で白斑ローションがメラニン(芽)細胞を増殖・分化させると報告されて、当クリニックでは白斑の患者さんに使ってもらっています。白斑部位には有効で、白い毛が黒くなった例も経験しています。ステロイド・VD3等よりも私は効き副作用もゼロだと思っています。
 効能は第2・第3鉄抗酸化物質で表皮細胞、メラニン(芽)細胞を刺激して増殖・分化を起こすことによって、皮膚の種々細胞を若返らせる(リニューアル)と記載されています。実際、皮膚のシワ・シミ・くすみ・赤ら顔・酒さ・ケロイド・脱毛症などにも有効だった例を経験しています。


cpiblog01272 at 08:46|この記事のURLTOPICS&NEWS 

2009年03月02日

3種メルの保険適応と光線療法に基づく再生医療

tyoumel nagai



パワーが強く照射面積が広い 超メル(エクシライト)

もう3月になりました。

3月より当クリニックではほとんどのメル療法が保険適応になりました。
Vトラック、中メル(エクシライトマイクロ)、大メル(セラビーム)に保険が効きます。超メル(エクシライト)はパワーが強く(照射率50mW/c)、照射面積も一番広いが保険適応ではありません。日本で一台しかないので無理もないかもしれません。この超メルには利点も多く、特徴を生かして特殊な方に活躍しています。
 
 4年前から、ナローよりメルが効き、将来はメルの時代になるであろうと学会、日本皮膚科学会雑誌、私のブログ、私の本「白斑はここまで治る」などで報告した通りになりました。ナローよりメルの時代到来です。次は光線療法に基づく再生医療の時代です。現在40名の方が協力して再生医療を受けてくださっています。1ヶ月半で効果の出ている方もいらっしゃいます。皮膚科の他の分野(若返り、脱毛症)などでは効果が出ているし、動物では2〜3ヶ月位で効果が上がっているので、3〜4ヶ月で効果が出ると期待してます。もう少し工夫してみます。また一般の若返り(しみ、シワ、スキントラブル)や脱毛症(ハゲ)等にも光線療法に基づく再生医療はより有効なので始めようと考えています。


cpiblog01272 at 17:16|この記事のURLTOPICS&NEWS 
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード