お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2008年12月

2008年12月17日

今年最後のブログおよび来年の抱負

daimel

今年一年、当クリニックで一緒に治療してくださった患者さん方々、お疲れ様でした。
今年、完治されて元気に卒業された方々の顔が、年末に近づくにつれ、浮かんできます。


 
    ↑↑セラビーム↑↑


「また会いにきてください」なんていえないし、完全に治り涙別れした方々にもまた会い、完全治癒を維持しているのを確認したいし、複雑な気持ちです。

今戦っている患者さん方々へ!!
先生はまた新しい試みを見出しました。今年一杯かけて着々と準備しますから待っていてください。
来年はビッグな年になることを期待して下さい。年末からの保険の利くセラビームより、もっとビッグなお年玉になるかもしれません。今まで効果の乏しい方も、もう少し待っててください。今年はご苦労様でした。正月休みはゆっくりして、私と一緒に来年も、きっと良い年にしましょう.

cpiblog01272 at 17:21|この記事のURLTOPICS&NEWS 

2008年12月01日

今年の締めくくりおよび来年の抱負

皮膚病診療
ブログを始めて3年4ヶ月になります。今年もよい年を迎えることが出来、良かったなぁと思っています。
ただ中には私の考えていた以上に難治性で、治療に手こずっている患者さんもいらっしゃるので正月の間に対策を考えてみます。
今年最後の”皮膚病診療”12月号にsutton母斑を発表報告しました。このsutton母斑も白斑の関連疾患として難治性です。主として手術(中心部除去)が行われていますが、光線療法を工夫することで解決できるものと考えています。
来年1月は保険適応の新型大メルも入り上手に大きい範囲で、又ターゲットに、組み合わせることで、さらに難治性皮膚疾患の克服を達成しようと考えています。ただナローに比べてメルはよく効くので(4〜5倍もパワーがある)経過観察は必要だと思います。
白斑の患者さんもできるだけ多く気軽に当クリニックに来院されることを望んでいます。
cpiblog01272 at 19:02|この記事のURLTOPICS&NEWS 
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード