お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2008年04月

2008年04月08日

白斑の患者さんによって教えられた2年間の臨床経験

hakuhanbon

三重の田舎から都会の東京へ出て日本白斑センターを開設して2年が経ちました。

あっという間の2年であり、長かった2年でもあります。

2年前ナロー(波長311nm)一台とメル(308nm)一台を三重から持ってきて、当初はこの一台ずつが私の右左の腕として働いていました。が現在ではナロー(4台。近々6台予定)、メル(3台。近々5台予定)がフル回転し、さらに台を増やすためにはスペースを必要としています。今回4月の医療費改定では光線療法に関して308nm〜311nmだけの機種が評価されアップしました。私が3〜4年前からこれらの機種は安全性も高く、乾癬・白斑には有効な波長だと論文・雑誌・学会で強調して来た結果だと思います。

逆を言うと他の波長の光線・レーザーは安全性や有効性に難点があるとも言えます。(例外として632nmのHe-Neレーザーは分節型の白斑の方やUVBによるコントラストが嫌な方は一度試みてもよい療法です)

この2年間で一番役立ったことは主として関東圏からの患者さんから教わった貴重な経験です。2年前までは白斑について机上の知識しか持っていませんでした。ところがこの2年間で白斑に関して治療効果を自分自身の眼で確かめ、頭に刻み込み豊富な真の知識を得ることができました。この実績は私にとって「もっと早く良く白斑を治してよ」という願いの声や「よくぞここまで頑張り勉強したなぁ」という励ましの声でもあると受け止めています。こうした貴重な実績を私一人の中に収めておくのは余りにも惜しすぎるので、本「白斑はここまで治る。最新の光線療法 驚董讐松痢廚砲靴特屬海Δ隼廚辰討い泙后これから白斑の治療に踏み切ろうとされている方、白斑治療に一度諦めた方、もっと治療を望んでいる方、どんな方でも治療してみようと意欲が浮かんで下されば、また若い優秀な皮フ科のドクターが興味を持ち、゛Dr.榎並なんかに任せておけない。自分がこれからはやる。゛と考えてもらえると本を出す価値が十分あるでしょう。本の内容はこの2年間の白斑治療の変遷、つまり光線機種・白斑の正体・治療上の疑問点解消・死海光療法(ドーム光療法)・光線療法のための皮フ移植等です。

また最後には今現在行われている医学的根拠(エビデンス)に基づく最良・最強の光線療法を述べてみようと思っています。

TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード