お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2007年06月

2007年06月25日

市ヶ谷ドーム光療法に続いて中メル導入

中メル

死海光療法(市ヶ谷ドーム光療法)が少しずつ普及してきたこと、私が3年前から注目していたメルが、実際光線療法をしてみてナローバンドより、より効くと患者さん自体が自覚され、メル照射頻度が増えたこと、他のクリニックでナローバンドだけで効かなくなった患者さんも来院されたことなどから、現在来院され、メル照射をされている方には、待ち時間の延長を強いられています。ブログでも、指摘を受けました。待ち時間縮小の対策を考えてみました。ファーストステップとして、中メル(新・旧メルに比べて照射面積が中位なので、中メルと呼ぶ)を導入しました。中メルは、コンパクトパワーが強いメルです。患者さんに言っているように、「まずトライしてみましょう!」。それで、解消、縮小できたら良いですね。白斑は、乾癬と異なって、ただ免疫(T細胞に関係する)を抑制すれば良いのではなく、メラニン芽細胞に働きかけ、増殖・遊走をさせる必要があります。今まで、勉強していなかった子供(メラニン芽細胞のこと)に勉強しろ、勉強しろと言って(色素再生を求める)も、簡単にはしてくれないのと同じです。神経(?)まで働きかけた方が良いタイプの白斑は、さらに難しいのです。光線療法について学問的に進んだとはいえ、治療にはまだまだなのです。患者さんの中には学問(学会・論文等)は関係ないので、治してくれれば良いという方がいます。学会で発表したり、論文を読んで、また自分が書いて初めて種々の治療方法が生まれるのです。患者さん・スタッフとの会話、日常茶飯事からだけでは生まれる可能性は非常に低いのです。現在治療されていて、ご不満の方もいらっしゃると思いますが、白斑の治療、現状を考え、もう少し私に付いてきてください!

「今、東京へ一人で出てきて後悔は?」

治療中、自分の眼で、“良好”と実感できることと、患者さんが喜んでくれるのを共感できるからこそ、

「後悔はありません」。

2007年06月22日

第812回日本皮膚科学会東京地方会にて 6月16日(土)

日本橋の興和ホールにて東京地方会が行われ、「市ヶ谷皮フ科の白斑患者の分析と光線療法」について発表しました。今年4月、市ヶ谷皮フ科・白斑センターに白斑として来院した301名について、白斑の分類、汎発型・分節型の2タイプの白斑につき男女差・年令・ナローバンドのMED(最少紅斑量)をグラフにし、両タイプを比較検討。(5月25日のブログも参考)同時に当センターの光線療法3種(ナローバンド、メル、He-Neレーザー)について紹介しました。また最後に市ヶ谷ドーム光療法も来月発表すると予告しました。多くの皮膚科専門医・医学博士の先生方からのアドバイスも期待したのに、あまり得られませんでした。それほど白斑の治療は難しいということなのです。もう少し、頑張ってみます。

2007年06月06日

市ヶ谷皮フ科・白斑センターに死海光療法(市ヶ谷ドーム光療法)−予約制−

市ヶ谷皮フ科・白斑センターの地下に死海光療法室が完成し、5月24日から、死海光療法を行っています。地下に男女別および疾患別に4台ドームを設置しました。また白斑センターはもともと予約制をとっていませんでしたが、ドーム導入とともに死海光療法を受けられる方は予約制をとることにしました。死海光療法の始まりは死海気候療法と言い、死海の塩水にバスしながら、現地の光を同時に(synchronous)浴びる療法です。この死海気候療法の近い状態にしたのが、私の考え出した死海光療法(市ヶ谷ドーム光療法)です。乾癬に関しては、以前から死海光療法が効くことは有名でしたが、アクティブな乾癬、あるいは乾癬の増悪時に、この市ヶ谷ドーム光療法を行うと、病変部が眼に見えて改善されました。また白斑の方で単独光線療法で効きが悪かった方や進行性の白斑の方にも色素再生が起こったり、拡大がストップした例を眼のあたりにしました。つまりこの療法が乾癬・白斑に有効性を増すことを再認識しました。ぜひ市ヶ谷ドーム光療法を受けて、白斑・乾癬・アトピー性皮膚炎を治してください。

TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード