お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2007年04月

2007年04月23日

日本皮膚科学会総会(4/20〜4/22)にて

日本皮膚科学会総会に出席し、主として白斑、乾癬(総会は専門分野に分かれている)について聴講、質問してきました。

乾癬に関しては、日々非常に皮膚科学は進んできて、近い将来には注射でかなりきれいになりそうです。でも従来の方法もまだ切り捨てることは出来ないと思います。

白斑に関しては、医学は進んでいなく、やっとメル(308ナノメーターエキシマライト)が注目され始めた段階で、私のところではもう2年前から開始していたので、私の方向性は誤っていなかったと認識しました。ただ出てきたメルは2ヶ所とも海外のもので、工夫までには至っていませんでした。日本製でないので安全性は確認できていません。メルは治りにくい白斑に使ってほしいです。汎発型の手、足。分節型の白斑です。分節型の白斑といえば、UVB(メルでさえ)反応が乏しい例があります。そんな例にはHe-Neレーザー(632.8ナノメーター)が有効な場合もあります。皮膚科の一流雑誌(JID)に発表された教授が、そのHe-Neレーザーについて総会で発表され、質問しました。安定期の白斑には有効で安全性が高い(可視光線なので)のが利点です。当白斑センターもHe-Neレーザーを使用していますが、同じような考えでした。また、UVB・可視光線ともに効かないタイプには傷のつかない、すぐ出来る移植も発表されていました。小さい白斑なら可能であり、手術の嫌いな白斑先生も、この方法なら“有り”かな、トライしてもOKかなと思いました。両光線が効かない場合、相談してください。白斑センターでも適応を確認してそろそろ試みてみるつもりです。

TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード