お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2006年10月

2006年10月27日

白斑の光線療法

UVBの働き


 開業6ヶ月で、この市ヶ谷皮フ科・日本白斑センターは1ヶ月に来院される数は、月350名を超えました。多くの患者さんに来院してもらっています。その中で、「光線療法」や「白斑」について患者さん(白斑の方)、ドクター(皮フ科専門医でさえ)があまりに知らなさすぎる感じがしました。
もちろん100%は分かっていませんが、かなり白斑については分かってきているし、光線療法も進歩しました。光線療法を行っている先生でさえ、ナローバンド一本だけに頼り、漫然と使ったり、また波長の分かっていないレーザーを使ってみたり、リスクの高い波長の光線を使ったり、未だにPUVA(プバ)療法を行ったりしています。自分で論文を見て、有効性・安全性を確認しながら、白斑の患者さんに光線を使い、色々工夫してほしいです。さらに厳しいですが、患者さんも少し知識を持ちながら(私の出した「白斑はここまで治る」ぐらいは読んでいて私に質問してほしいですねぇ)治療を受けてほしい気持ちです。
 では、私が論文を読み、色々と経験を積み、2つの問題を解決したシェーマ(図)を示します。光線療法は主として3方面(表皮角化細胞、ニッチ、免疫細胞)に働いて有効性を示している様です。メルの方がナローよりパワーが強いので、よりよく効くことも自ずと分かってくるでしょう。白斑で悩んでいる方々、この図を見て、勇気を持ってくださいね。

2006年10月05日

市ヶ谷皮フ科スタッフ募集(看護師・事務員・看護助手)

市ヶ谷皮フ科では光線療法を行っています。

現在、平均年齢21歳と若い女性スタッフで頑張っています♪

光線療法に興味のある方。

白斑治療に関心のある方。

喜ばれる仕事をしたい方。

雑誌や新聞で掲載されたクリニックで働いてみたい方。

土日祝だけ働きたい方。

平日だけ働きたい方。

など…

歓迎いたします。

勤務内容はすべてお教えしますので、ぜひ応募してください。
詳細につきましてはお電話にてお答えいたします。
TEL:03-3260-9912 担当:桜井 まで。

応募お待ちしております☆



cpiblog01272 at 11:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)TOPICS&NEWS 

2006年10月04日

日経ヘルスの記事紹介

日経ヘルス
日経ヘルス 2006年10月号に掲載された記事の一部を紹介いたします。

白斑の光線療法「肌の色が白く抜ける白斑に有効率80% 光線療法の専門クリニックが登場」

「白斑は『治らない』と思って引きこもってしまう人が多い。ところが、最新の治療法なら80%の人に肌色が戻ってくる。そのことをぜひ知ってほしい」と白斑の専門クリニックを開いた榎並寿男医師は話す…中略
白斑の部位では、自己免疫の異常で肌の色の色素を作る細胞メラノサイトが消失している。ただし、うぶ毛の根元の毛包には毛の色素を作るためにメラノサイトが残っている。皮膚にUVBを当てると、ちょうど毛包の深さまで届き、UVAよりも効率良くメラノサイトを刺激する。この刺激でメラノサイトは増殖し、表皮に移動するので再びメラニン色素が作られる。
治療の第一ステップとしてメラノサイト刺激に使うのが、ナローバンドUVBという装置。刺激に必要なUVBの量は一人ひとり異なり、これを厳密に決めて照射すると治療成績が良い。「週数回の照射を半年から1年続けると50〜60%の人が治る。色素が増えると白斑はもう広がらない。」と榎並医師。効果がない場合の第2ステップがナローバンド装置より17倍強いUVBを出すエキシマライトでの「メル療法」。「これでさらに20%の人が改善する。特に顔や首の白斑は治りやすく、治癒率は90%になる。」と…。
メル療法を行うのは全国2施設だが、同様の作用を持つエキシマレーザーを使う施設や、ナローバンドUVB装置を持つ皮膚科も全国に増えてきた。一度、医師にご相談を。



cpiblog01272 at 20:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

東京地方会にて

9月9日(土)東京地方会が第一製薬(日本橋)で行われました。白斑先生は、「尋常性乾癬と尋常性白斑の合併例」を報告しました。
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード