お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2006年07月

2006年07月18日

市ヶ谷皮フ科にてー白斑患者100名を超えてー

book東京へ出て、市ヶ谷皮フ科がオープンし、早3ヶ月が過ぎようとしています。白斑の患者さんが100名を越えました。私には100名の友人が出来たことになります。ドロップアウトした人は数%に過ぎません。遠くから(福岡〜仙台)来てくれて、一緒になって白斑という厄介な病気を、ある期間で治すことは私自身大変なプレッシャーがかかりますが、それ以上に効果が出ると嬉しいことです。本(白斑はここまで治る)・インターネット・ホームページで治療効果が3ヶ月で70〜80%出すと強調していたんですが、東京では驚くことにさらに時期が早まり、70〜80%は1ヶ月で効果が出ています。なぜ早かったのかはわかりませんが、一つ自慢なことがあります。皮膚科のドクターの中には「白斑は命に別状はなく、少しぐらい治療して色素再生が起ったってどうってことは無い」なんて暴言をはくドクターも居ます。私は「そんな事無い。白斑内に0.1mmの一粒の色素斑が出るとそれが嬉しくてその患者さんは一日が楽しいんですよ。そんな気持ちで治療していると白斑は治せません」とよく同じ皮膚科医でもケンカをするんです。
この頃はそんな気持ち(白斑の患者さんと同じような気持ちを持って、同僚の皮膚科医に腹が立つこと)が日々強くなっています。そのことが治癒率のアップにつながったのかもしれません。また朝起きたら一番に、また夢の中でも手、足の白斑は?分節型の白斑はこうしたら良いんじゃないか?と思っているんです。もうすでに3つ位難治性白斑の対策を持ち、種々当たっています。難治性の手足の白斑の方、分節型の白斑の方、もう少し待っててくださいね。早く治し、今まで苦しんだ分を治ったら取り戻してくださいね。そんな難治性の白斑の方、また光線療法にためらっている方、ぜひ市ヶ谷皮フ科の門を叩いてください。100名の白斑の友達が待っていますよ。

最近で嬉しかったこと:同じ私のクリニックで、自分も結構色素再生が起り成果が上がり喜んでいたのに、他の白斑のキッズをみて「あの子も治っているみたいだねぇ。前から待合で会い知っているんだが、よく色がついた(色素再生が起った)なぁ。良かった良かった」という声を聞き、陰で私まで嬉しくなりました。こんなとき三重だけでなく東京まで来て治療でき良かったなぁ、これが真の医療なんだなぁと思いました。こんな感動の面がここ市ヶ谷皮フ科では良く見られるんです。また明日元気で少しでも早く白斑を治さないと。そうしているとメイクドラマが起るんです、頑張るぞ。



第2回ナローバンドUVBユーザーズミーティング 7月9日(日)

全国でナローバンドUVBのうちデルマレイ200を使っておられる、主として皮フ科の先生方が全国からわざわざ東京都市センターまで集まりました。イントロダクションを森田教授(座長)、石井先生(東京)、榎並(東京、三重)が白斑症例を発表し、最後は3先生に全国の先生方(ユーザーズ)が質問し、答えてもらう方式が行われ、白斑について活発な意見がなされました。要点は、ナローバンドは効く。ただ我々が患者に照射する量を指示するので、根拠(エビデンス)に基づいた量を照射しないと、将来にツケを残すので慎重にしましょう。また現在氾濫している美容科学の医者より、皮膚光線療法を行っている我々スキンスペシャリストが主導権を握り、多くの患者さんを治そうということでした。(実際皮膚科の専門医の先生にかかると一番安心して治療を受けられると思いますよ。)白斑先生も熱心に質問してくれる先生方に答えながら、全国にぜひ少しずつでも白斑専門に光線療法を行う先生方が増えたら良いなぁと思いました。

日本皮フ科学会東京合同臨床地方会  7月8日(土)

日本皮フ科学会東京合同臨床地方会が東京の品川区大井町で行われ、白斑先生は今年のメインテーマである「手背白斑に対するメル療法」を発表しました。やはり今年いや来年もかもしれないがメインテーマは手背足背や分節型の白斑をどのように有効率を高めるかだと思います。分節型イコール手術(SBT吸引水疱テクニック)と考えているドクターも居ますが、白斑先生は何とか光線療法でダメなのかと考えています。実際SBTを行い、後で白くなった例とかデコボコやscar(瘢痕、傷)のある例もかなり見ています。SBTの前とか経過も詳しく追及していないのでSBTの優劣は下しませんが、できたら光線療法で克服したいと考えています。

TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード